メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

忘れられた高齢者

/4 「ともえちゃん」と一緒

史子さんは、いつも「ともえちゃん」と一緒だ

 寮の食堂には、午後の光が差し込んでいた。窓側の席から史子さん(89)=仮名=が記者に手招きし、両手で抱いた女の子の人形を見るよう促した。「ともえちゃん」。自ら付けた人形の名前を何度か繰り返す。赤ちゃんを紹介するお母さんのように、それはそれはうれしそうな顔で。

 知的障害者で認知症の彼女が群馬県高崎市の国立重度知的障害者総合施設「のぞみの園」に入所したのは、1971年12月。<優生保護法による手術をしている>と、当時の文書にある。旧優生保護法(48~96年)による強制不妊手術や人工妊娠中絶。史子さんもまた、その当事者だった。

 日本が2014年に批准した国連障害者権利条約は、障害がある人も、ない人と同様、本人意思が尊重されるべきだと定めている。一方、史子さんの人生には、障害者に意思があること自体顧みられてこなかった歴史が、凝縮されている。

この記事は有料記事です。

残り576文字(全文948文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ワニ肉を使った給食登場 「つくねみたいな味」 大きな口開け、児童ペロリ 大阪

  2. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  3. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  4. 「受け入れたいのに受け入れられない」 民間病院、コロナ患者対応に苦悩

  5. 鍵をかけていても… 北関東でトラクターの窃盗多発 転売目的か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです