メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

忘れられた高齢者

/4 「ともえちゃん」と一緒

史子さんは、いつも「ともえちゃん」と一緒だ

 寮の食堂には、午後の光が差し込んでいた。窓側の席から史子さん(89)=仮名=が記者に手招きし、両手で抱いた女の子の人形を見るよう促した。「ともえちゃん」。自ら付けた人形の名前を何度か繰り返す。赤ちゃんを紹介するお母さんのように、それはそれはうれしそうな顔で。

 知的障害者で認知症の彼女が群馬県高崎市の国立重度知的障害者総合施設「のぞみの園」に入所したのは、1971年12月。<優生保護法による手術をしている>と、当時の文書にある。旧優生保護法(48~96年)による強制不妊手術や人工妊娠中絶。史子さんもまた、その当事者だった。

 日本が2014年に批准した国連障害者権利条約は、障害がある人も、ない人と同様、本人意思が尊重される…

この記事は有料記事です。

残り634文字(全文948文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡山の警察学校教官、訓練中にナイフで巡査刺す 「緊張感出すために本物を」
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. 仮面ライダー 令和初は「ゼロワン」 AIがテーマ “青年社長”が変身!
  4. 不適格公務員 パトロール拒否の警官を分限免職 大阪府警
  5. がん検診誤通知で女性死亡 「要精密検査」を「異常認めず」と 岐阜市

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです