メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

忘れられた高齢者

/4 「ともえちゃん」と一緒

史子さんは、いつも「ともえちゃん」と一緒だ

 寮の食堂には、午後の光が差し込んでいた。窓側の席から史子さん(89)=仮名=が記者に手招きし、両手で抱いた女の子の人形を見るよう促した。「ともえちゃん」。自ら付けた人形の名前を何度か繰り返す。赤ちゃんを紹介するお母さんのように、それはそれはうれしそうな顔で。

 知的障害者で認知症の彼女が群馬県高崎市の国立重度知的障害者総合施設「のぞみの園」に入所したのは、1971年12月。<優生保護法による手術をしている>と、当時の文書にある。旧優生保護法(48~96年)による強制不妊手術や人工妊娠中絶。史子さんもまた、その当事者だった。

 日本が2014年に批准した国連障害者権利条約は、障害がある人も、ない人と同様、本人意思が尊重される…

この記事は有料記事です。

残り634文字(全文948文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深田恭子 「ルパンの娘」“泥棒スーツ”姿披露 瀬戸康史らと決めポーズ サカナクションが主題歌
  2. 堺市長選で選挙違反 元市議らを書類送検 法定外文書を1万枚配布疑い
  3. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警
  4. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  5. 梶裕貴さんと竹達彩奈さんによる結婚発表メッセージ全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです