メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子育て親子

今どこ?GPSで見守り

来月小学校に入学する予定で、GPS BoTを利用している安部境悟ちゃん=東京都世田谷区の多摩川河川敷で

 <くらしナビ ライフスタイル>

 子どもの行動範囲は小学校入学を機に大きく広がる。時代の変化とともに地域の見守りは手薄になり、保護者もいつも近くにいるとは限らない。GPS(全地球測位システム)に特化した小型端末を子どもに持たせようとする親も増えてきた。

 ●小型端末、カバンに

 「子どもがどこにいるのかリアルタイムで分かり安心感があります」。昨年11月からビーサイズ(横浜市港北区)の見守りサービス「GPS BoT」を利用する東京都世田谷区の自営業、安部伸哉さん(41)はそう語る。保育園に通う長男境悟(きょうご)ちゃん(6)は来月から小学生。最寄り駅で迷子になったことがあり、知人の勧めで使い始めた。

 端末は5センチ角の正方形で厚さ19ミリ。重さは46グラムで通話機能は付いていない。普段は保育園のカ…

この記事は有料記事です。

残り1142文字(全文1492文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川議員が長崎新幹線めぐり発言
  3. 山頂に沈む満月 令和初の「パール槍ケ岳」
  4. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  5. いだてん 孝蔵役の森山未來が金原亭馬生と古今亭志ん朝も演じ分け 語り含め1人4役に視聴者衝撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです