メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子育て親子

今どこ?GPSで見守り

来月小学校に入学する予定で、GPS BoTを利用している安部境悟ちゃん=東京都世田谷区の多摩川河川敷で

 <くらしナビ ライフスタイル>

 子どもの行動範囲は小学校入学を機に大きく広がる。時代の変化とともに地域の見守りは手薄になり、保護者もいつも近くにいるとは限らない。GPS(全地球測位システム)に特化した小型端末を子どもに持たせようとする親も増えてきた。

 ●小型端末、カバンに

 「子どもがどこにいるのかリアルタイムで分かり安心感があります」。昨年11月からビーサイズ(横浜市港北区)の見守りサービス「GPS BoT」を利用する東京都世田谷区の自営業、安部伸哉さん(41)はそう語る。保育園に通う長男境悟(きょうご)ちゃん(6)は来月から小学生。最寄り駅で迷子になったことがあり、知人の勧めで使い始めた。

 端末は5センチ角の正方形で厚さ19ミリ。重さは46グラムで通話機能は付いていない。普段は保育園のカバンに入れてあり、親のスマートフォンのアプリに位置情報や履歴が表示される。人工知能(AI)の学習機能が働き、保育園など頻繁に出入りする場所に到着・出発すると通知が届く。端末は5184円、月額利用料は518円だ。「この間、迷子になったでしょ。これを入れておけば居場所がちゃんとわかるから」。長男にはそう…

この記事は有料記事です。

残り992文字(全文1492文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです