メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トレンド観測

Theme 公演時間の短縮 スマホ時代のニーズに合わせて

クールジャパンパーク大阪WWホールで上演中の「KEREN」のワンシーン=吉本興業提供

 落語の寄席や舞台で、従来よりも公演時間を短くする取り組みが目立ってきた。もちろん、古典・現代を問わず公演時間が長時間に及ぶ商業演劇も健在だが、どんな背景があるのか。

 大阪市にある上方落語の定席・天満天神繁昌亭は今年7月から、昼席の開始時間を1時間遅らせ、公演時間を短縮する。以前から団体客を中心に要望があり、演目を10本から8本に、時間も30分強短縮し約2時間半にする。上方落語協会の笑福亭仁智会長は、来年5月から始まる市川海老蔵さんの十三代目団十郎襲名興行が東京・歌舞伎座以外は3部制となることを引き合いに、「世間的には興行は短く短くなってきていて、それがお客さんのニーズなんやと思う」と話す。

 寄席公演以外でもコンパクト化を目指す試みがある。桂吉弥さんが今年5月、大阪で開く6日連続公演「吉弥…

この記事は有料記事です。

残り663文字(全文1012文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  2. 中洲で散財、事故で借金…タイから移送の容疑者らが振り込め詐欺に手を染めるまで
  3. 「戦争」発言の丸山穂高氏に千島連盟が抗議文「常軌を逸し、極めて遺憾」
  4. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」
  5. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです