メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南光の「偏愛」コレクション

「変身」の表現者、森村泰昌さんの巻

フェルメール「絵画芸術」を基にした作品用セットに入り、ポーズをとる美術家の森村泰昌さん(左)と桂南光さん=大阪市住之江区で、猪飼健史撮影

 1985年、ゴッホの自画像にふんした作品で一挙に注目を浴び、以来、名画の登場人物や著名人になりきるセルフポートレートを多数発表してきた美術家の森村泰昌さん(67)。30年近く前から親交のある桂南光さんは、同い年の「大阪のおもろい人」が生み出す作品に、常に注目してきた一人です。森村さんを“変身”というユニークな表現に駆り立てるものは何なのか。大阪の下町に昨秋オープンした私設美術館「モリムラ@ミュージアム(M@M)」(大阪市住之江区)を訪ね、唯一無二の「森村ワールド」に飛び込みました。【構成・山田夢留】

この記事は有料記事です。

残り2503文字(全文2756文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「夢のようなディズニー特別ツアー」詐欺相次ぐ 被害者が信じ込んだ、その手口

  2. 「このままでは皇室消滅」「女性皇族の議論なさ過ぎ」 専門家4氏が口にした危機感

  3. 身内にも「自助」要求? 菅氏方針にざわつく党内 連続比例復活で「重複」禁止

  4. 学術会議「国の機関から切り離し」 井上担当相の提案が波紋

  5. イラン核科学者暗殺 開発計画で中心的役割 実行犯不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです