メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラインブレーク

ラグビーW杯日本大会 第2部 恩師が語る高校時代/1 SH 流大と苦闘した 徳井清明監督

 ◆徳井清明監督(51)=熊本・荒尾(現岱志)高

3年間守り続けた助言

 9月20日に開幕するラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会に向けた長期連載「ラインブレーク」。第2部では「恩師が語る高校時代」をテーマに自国開催の晴れ舞台を目指すジャパンの源流を探る。1回目は俊敏なパスワークとリーダーシップでチームを統率するSH流大(26)=サントリー。熊本・荒尾(現岱志)高で苦闘した日々を徳井清明監督(51)が振り返る。

この記事は有料記事です。

残り655文字(全文862文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  4. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  5. 白血病から復活、後輩Jリーガーを励まし 励まされ プロップ稲垣、奮闘の源泉

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです