メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

ロボットがおもてなし 車椅子客誘導、トヨタが開発

お披露目された生活支援ロボット=東京都港区で、根岸基弘撮影

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は15日、大会で活用するロボットを発表した。大会ビジョンに掲げる「史上最もイノベーティブ(革新的)な大会」の実現に向けたロボットプロジェクト第1弾で、発表されたのは、競技場で車椅子の観客を誘導する「HSR」と、車椅子席へ飲食物を運ぶ「DSR」の2種類。ト…

この記事は有料記事です。

残り206文字(全文356文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ コロナ鎮めて! 群馬・「妖怪」だるま

  2. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  3. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  4. 具志堅会長のジム閉鎖へ 「情熱持って指導するには難しい年齢になった」

  5. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです