メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名古屋市議に「猛省求める」決議案 身内の「減税」会派が提案

「猛省を促す決議案」の提案理由を説明する減税日本の田山宏之名古屋市議(右)と、声を荒らげる河村たかし市長=名古屋市役所で2019年3月15日、三上剛輝撮影

 地域政党「減税日本」所属の名古屋市議が法令違反のブロック塀を自宅に設置していた問題で、この市議に「猛省を求める」決議案が15日の市議会本会議に提出され、即日可決された。「身内」のはずの別の減税市議が登壇し、「ご賛同をいただきたい」と提案理由を説明すると、党首でもある河村たかし市長は議場で「誰にこんなことをさせられとるんだ」と声を荒らげた。

 決議は「議会への信頼を失墜させた市議に対し、恥ずべき行為をした責任を重く受け止め、猛省を強く求める…

この記事は有料記事です。

残り215文字(全文436文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  3. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  4. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

  5. 滋賀・湖東病院事件、検察側が有罪立証断念 無罪確実に 新証拠は困難

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです