メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

最後まで難解な戦い 熱戦制しタイトル防衛 井山5冠維持

対局を振り返り、記者の質問に答える山下敬吾九段(右端)=新潟県南魚沼市で2019年3月15日、最上聡撮影

 囲碁の第43期棋聖戦七番勝負(読売新聞社主催)の第7局が14、15両日、新潟県南魚沼市で打たれ、15日午後8時51分、313手で井山裕太棋聖(29)が挑戦者の山下敬吾九段(40)に白番6目半勝ちし、4勝3敗でタイトルを防衛した。井山は大熱戦を制して棋聖7連覇、辛くも5冠を維持した。

 井山と山下の7大タイトル挑戦手合での対戦は、昨年末の天元戦に続き、史上最多を更新する12回目となった。今回、第4局まで1勝3敗と追い込まれた山下は第5局、第6局を連勝してフルセットに持ち込み、2013年に井山に名人を奪われて以来、6年ぶりの7大タイトル復帰まであと一歩に迫ったが、及ばなかった。

 井山は昨年の名人戦(対張栩九段=現名人)に始まり、王座戦(対一力遼八段)、天元戦(対山下九段)、棋…

この記事は有料記事です。

残り575文字(全文915文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. 郡山市の浸水地域や周辺で空き巣相次ぐ 貴重品放置しないで

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです