メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

祈るは平和 「広島原爆の残り火」20日にローマ法王に 被爆3世の中学生ら

被爆3世で純心中学校1年の岡田夕咲さん=NPO法人「アースキャラバン」提供

 広島原爆の残り火を携え、世界各地を巡る活動に取り組む浄土宗僧侶の遠藤喨及(りょうきゅう)さん(京都市)や、被爆3世の中学生、岡田夕咲(ゆうさ)さん(13)=長崎県長与町=らが20日、バチカンでフランシスコ・ローマ法王に対面する。2017年のノーベル平和賞授賞式で演説したカナダ在住の被爆者、サーロー節子さん(87)も同行し、法王に火を手渡す。核廃絶の祈りを込めて吹き消すよう直接頼むという。

 残り火は74年前、原爆が投下された広島の焦土から福岡県星野村(現八女市)の故山本達雄さんが懐炉に入れて持ち帰った。「平和の火」として、同市にある「平和の塔」でともされ続けている。遠藤さんは06年にパレスチナなどの人々を支援するNPO法人「アースキャラバン」を設立。15年からは日本各地や欧州、中東、北米へ残り火を運び、国境や宗教の違いを超えて平和を祈るイベントを開いてきた。

この記事は有料記事です。

残り521文字(全文905文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見

  2. 北九州市で5日連続の感染確認、計22人に 施設を臨時休館

  3. フジテレビ、「テラスハウス」打ち切り 木村花さん急死で

  4. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  5. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです