メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

祈るは平和 「広島原爆の残り火」20日にローマ法王に 被爆3世の中学生ら

被爆3世で純心中学校1年の岡田夕咲さん=NPO法人「アースキャラバン」提供

 広島原爆の残り火を携え、世界各地を巡る活動に取り組む浄土宗僧侶の遠藤喨及(りょうきゅう)さん(京都市)や、被爆3世の中学生、岡田夕咲(ゆうさ)さん(13)=長崎県長与町=らが20日、バチカンでフランシスコ・ローマ法王に対面する。2017年のノーベル平和賞授賞式で演説したカナダ在住の被爆者、サーロー節子さん(87)も同行し、法王に火を手渡す。核廃絶の祈りを込めて吹き消すよう直接頼むという。

 残り火は74年前、原爆が投下された広島の焦土から福岡県星野村(現八女市)の故山本達雄さんが懐炉に入…

この記事は有料記事です。

残り659文字(全文905文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  2. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  3. 米軍燃料流出、131件日本側に知らされず 開示文書では環境への影響「Yes」
  4. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  5. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです