「4時間切り」北海道新幹線 平均乗車率24% 航空機に勝てるのか

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 JR北海道のダイヤが改正された16日、北海道新幹線(新青森―新函館北斗)は青函トンネル内の高速化で、東京―新函館北斗間がこれまでより最大4分短い最速3時間58分となった。航空便に対抗できる目安となる悲願の「4時間」を初めて切り、JRは低迷する利用客の拡大に期待している。

 上下26本のうち、最速列車は下り2本、上り1本。この日、最速の第1号となった「はやぶさ5号」は午前8時20分に東京を出発し、定刻通りの午後0時18分、北斗市の新函館北斗駅ホームに到着。約400人の乗客が「ようこそ」の横断幕…

この記事は有料記事です。

残り373文字(全文621文字)

あわせて読みたい

注目の特集