メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「4時間切り」北海道新幹線 平均乗車率24% 航空機に勝てるのか

 JR北海道のダイヤが改正された16日、北海道新幹線(新青森―新函館北斗)は青函トンネル内の高速化で、東京―新函館北斗間がこれまでより最大4分短い最速3時間58分となった。航空便に対抗できる目安となる悲願の「4時間」を初めて切り、JRは低迷する利用客の拡大に期待している。

 上下26本のうち、最速列車は下り2本、上り1本。この日、最速の第1号となった「はやぶさ5号」は午前8時20分に東京を出発し、定刻通りの午後0時18分、北斗市の新函館北斗駅ホームに到着。約400人の乗客が「ようこそ」の横断幕…

この記事は有料記事です。

残り373文字(全文621文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 新たに21人の感染確認、1万7306人に 死者12人増、865人 新型コロナ

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  5. エンタメノート リアリティー「風」番組と匿名中傷の悲劇 女性レスラー急死の教訓

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです