メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「民意は示された」「土砂投入はやめろ」沖縄県民大会、政府への憤り渦巻く 

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設計画を巡り、名護市辺野古沿岸部の埋め立て工事の中止を求めて16日に那覇市で開かれた県民大会。なぜ政府は反対が7割超を占めた県民投票の結果を尊重しないのか。子供を連れた家族連れから高齢者まで約1万人が集まり、「民意は示された」「土砂投入はやめろ」と声を上げた。

 青空の下、会場となった那覇市の新都心公園には、過去の県民大会と同じように辺野古の海をイメージした「青」の服を身につけた人たちが駆け付けた。辺野古の埋め立ての賛否が問われた2月24日の県民投票で反対が7割超となったにもかかわらず、工事を止めようとしない政府への憤りの声が渦巻いた。

 稲嶺進・前名護市長はあいさつで「私たちは県民大会を何度開催し、意思を示さなければならないのか」と強…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  2. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
  3. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  4. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  5. 後絶たぬ高齢ドライバーの事故 操作ミス原因が最多

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです