メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

児童虐待 法改正で防げるのか 突貫工事で改正案、19日閣議決定

児童相談所への専門職配置は?

 児童虐待防止対策の強化に向けた児童福祉法と児童虐待防止法などの改正案が19日に閣議決定され、今国会に提出される。「おねがいゆるして」と悲痛な手紙を残して亡くなった東京都目黒区の船戸結愛(ゆあ)ちゃん(当時5歳)と、父からの暴力を訴えながら救われなかった千葉県野田市の栗原心愛(みあ)さん(当時10歳)の二つの象徴的な事件が政府・与党を動かし、突貫工事で改正案がまとめられた。さらなる悲劇を防ぐことはできるのか。【横田愛、谷本仁美、藤沢美由紀】

この記事は有料記事です。

残り2029文字(全文2251文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  2. 83年国会答弁、内閣府「維持か答えるの困難」強弁 野党ヒアリング詳報

  3. バックアップ、5年「OFF」 富士通のマニュアルに誤り 東証システム障害

  4. FX投資詐欺の疑い7人逮捕 700人から計2億円超だまし取ったか 大阪

  5. 「政府が記録残すのは当然」新書版で削除 菅首相の著書「政治家の覚悟」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです