メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

体操、宮地と今林が1位通過 種目別W杯バクー大会

 宮地秀享

 体操で2020年東京五輪予選となる種目別ワールドカップ(W杯)シリーズ第3戦は15日、バクーで予選後半が行われ、男子は鉄棒で宮地秀享(茗渓ク)が14.566点で1位となり、8位までによる決勝に進出した。あん馬で今林開人(セントラルスポーツ)が14.866点で1位、亀山耕平(徳洲会)が6位で通過した。

     女子は平均台で大口真奈(大泉スワローク)が7位で突破した。(共同)

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
    2. 森昌子さん引退へ 公式HPで発表
    3. 名古屋・栄地区活性化に 情報発信スポット「S.Core」開設へ 松坂屋
    4. 盛岡大付が延長サヨナラ 21世紀枠石岡一、最後に力尽きる
    5. 特集ワイド ノーベル賞さえ取引材料? トランプ氏「安倍首相に推薦された」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです