メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WBOフライ級 田中恒成が王座防衛 元統一王者の田口を判定で破る

防衛に成功した田中(左)と試合に敗れた田口(右奥)=岐阜メモリアルセンターで2019年3月16日、大西岳彦撮影

 世界ボクシング機構(WBO)フライ級タイトルマッチは16日、岐阜メモリアルセンターで愛ドームで行われ、王者の田中恒成(23)=畑中=が、元世界ボクシング協会(WBA)、国際ボクシング連盟(IBF)ライトフライ級統一王者の田口良一(32)=ワタナベ=に3―0で判定勝ちした。田中は昨年9月、世界最速タイのプロ12戦目で世界3階級制覇を達成し、フライ級はこれが初防衛。戦績は13戦全勝(7KO)。田口は33戦27勝(12KO)4敗2分けとなった。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「堺筋」→「サカイ・マッスル」?大阪メトロ外国語版サイト「めちゃくちゃ誤訳」多数で閉鎖に
    2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
    3. 特別支援学校の34歳教諭逮捕 小学生男児に強制性交容疑
    4. 男性から男児の性的被害、トラウマ深刻 元特別支援学校の教諭逮捕
    5. 教祖なき後に 地下鉄サリン事件24年/中 「神格化」警戒は続く

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです