メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

華恵の本と私の物語

/32 噛みあわない会話と、ある過去について

 このもふざけて連絡れんらくしてみた。

     「て、このひとネットにこんなこといてる。この発言はつげん、アウトだよね!」

     こいばな仕事しごとはなしもできる兄貴あにきてき太田おおたくん。いつも想像そうぞうえる面白おもしろかえしでわらわせてくれる。

     返事へんじがきた。憲法けんぽう21じょうの「表現ひょうげん自由じゆう」の文章ぶんしょう画像がぞうだけが、おくられてきている。ネットからもってきたのだろう。その手間てま想像そうぞうしてわらいをこらえながら、また返信へんしんく。

     「ひと批判ひはんする表現ひょうげん自由じゆうだってあるもんね」

     返事へんじが……こない。

     「わたしくちつもので。こまらせたかな?」

     すこしおちゃらけてみた。すると。

     「けんかってるのか冗談じょうだんなのかわからないこのやりとり、すごく不快ふかい

     ……ジョーク? ではなさそう。なにか、いやなことでもあったのかな。

     さっぱりした性格せいかく太田おおたくんのことだ。すぐに普通ふつうもどるだろう。そうおもったが。

     翌週よくしゅう友人ゆうじんたちのごはんかいに、太田おおたくんはなかった。なにしているのかなとおもってSNSをひらくと、太田おおたくんはすべてのアプリでわたしのフォローをはずしていた。

     なにこれ。あれだけのことで、ここまでキレる? じわじわといかりがこみげた。よるになるとねむれず、かなしみもせてきた。

     すう日間じつかんわたしかんがえにかんがえ、メールをいた。「つぎはどんなかえしがくるかな?とためすようにしつこく連絡れんらくしていたかも。ごめんね」

     よる返信へんしんがきた。「オレの都合つごうでいやだとおもうことをけるのもちがうから。わないってだけだとおもう。あやまってもらう必要ひつようはない」

     謝罪しゃざいは、かえされた。

      + + + +

     「みあわない会話かいわと、ある過去かこについて」は、気付きづかないうちにきらわれたひとが、そのことをなんねんもたってからげられる短編集たんぺんしゅうです。

     たとえば小学校しょうがっこう女性教師じょせいきょうしむかしおしのおにいさんが有名ゆうめいアイドルになり、テレビ番組ばんぐみ企画きかく学校がっこうたずねてきます。女性教師じょせいきょうしは、かれいであることをまわりのひとからうらやましがられますが、ってみると、「ぼくのことを、当時とうじはパッとしないだったって、あちこちでってるって本当ほんとうですか?」とややかにわれます。そして、おとうと先生せんせいによっていかにきずついていたかをかされ、記憶きおくちがいに混乱こんらんしていきます……。

     もしかしてわたしも、おもいもよらないことで太田おおたくんきらわれたのかもしれない。ふと、そうおもいました。

     きらわれた理由りゆうおしえてもらえないのはつらいものです。

     でも、わたしだっていやおもいをして、それを相手あいてつたえるにならないことはあります。

     人間にんげん関係かんけいって……正解せいかいがない。だから面白おもしろいし、ときに、むずかしいですね。


    みあわない会話かいわと、ある過去かこについて』

    辻村深月つじむらみづきちょ

    講談社こうだんしゃ 1620えん


     エッセイストの華恵はなえさんが、ほんにまつわるおもきなほん紹介しょうかいします

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
    2. 熱中症対策 「男性も日傘を」環境相呼びかけ
    3. 突然の幕切れに関係者困惑 「真相解明の道閉ざされた」 寝屋川中1殺害
    4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
    5. 元徴用工訴訟 日本じらされ「法的措置」 政府間協議要請 外交問題化、誤算

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです