メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

エンリケ監督、イスコの招集外について口を閉ざす「語ることはない」

情報提供:サッカーキング

エンリケ監督はイスコについてコメントを残すことはなかった [写真]=Getty Images
 スペインサッカー連盟(RFEF)は15日、EURO2020予選に臨む同国代表メンバー23名を発表した。

 MFヘスス・ナバスやDFフアン・ベルナトらが代表に復帰。一方のMFファビアン・ルイスやMFセルヒオ・カナレスらは初招集を果たした。

 しかし、レアル・マドリードのMFイスコは代表招集外となった。同代表を率いるルイス・エンリケ監督は記者会見にて同選手に対する質問にて、多くは語らなかった。

 エンリケ監督は次のようなコメントを残した。

「(イスコのスペイン代表落選について)話したくない。代表チームを指揮して以来我々が決めたルールだ。招集メンバーリストに載っていない選手について話すことは何もない」

「招集された選手たちにとって本当にハッピーな日だ。そのほかの選手については話さないよ」

【関連記事】
●スペイン代表が発表! J・ナバスらが復帰、初選出は4名…イスコは落選
●「みんなにとって良いニュースだ」…イスコがジダン監督の復帰を喜ぶ
●ジダンのレアル電撃復帰で“得する選手”、“損する選手”は?
●アディダスがイスコとの契約を発表!
●C・ロナウドがポルトガル代表復帰! 欧州強豪の“注目銘柄”も初招集

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  3. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです