メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

敏腕SDモンチ氏が古巣復帰か…セビージャ会長がコンタクトを明かす

情報提供:サッカーキング

セビージャ復帰が近づくモンチ氏 [写真]=Alessandro Sabattini/Getty Images
 ローマのスポーツディレクターを務めていたモンチ氏に、古巣であるセビージャ復帰の可能性が浮上しているようだ。15日、イタリアメディア『フットボール・イタリア』が伝えている。

 モンチ氏は2017年3月にセビージャのスポーツディレクターを辞職し、翌月にはローマのスポーツディレクター職に就任。トルコ代表FWジェンギズ・ウンデルやオランダ代表FWジャスティン・クライファートといった逸材たちを発掘し手腕を発揮していたものの、今月にエウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督の解任とともに、契約解除が発表されている。

 敏腕ディレクターのモンチ氏を巡っては、アーセナルが招へいするのではないかと報じられていたが、セビージャ復帰の可能性が浮上しているようだ。

 セビージャは14日に行われたヨーロッパリーグ(EL)ベスト16で延長の末スラビア・プラハ(チェコ)に敗れたことを受け、パブロ・マチン監督を解任し、後任にスポーツディレクターを務めていたホアキン・カパロス氏を暫定監督とし据えている。

 インタビューに応じたセビージャのホセ・カストロ会長は次のように語り、モンチ氏に接触したことを明かした。

「ホアキンがスポーツディレクターの職をストップしたことで、新しいスポーツディレクターを探さなければならない。我々はモンチがベストチョイスだと考えているし、すでに彼とは交渉を始めているよ」

 敏腕ディレクターのモンチ氏は、活躍の場をどこに移すのだろうか注目が集まっている。

【関連記事】
●EL準々決勝のカードが決定! ナポリはアーセナルと激突…フランクフルトはベンフィカと対戦
●C・ロナウドがポルトガル代表復帰! 欧州強豪の“注目銘柄”も初招集
●ベルギー代表がアザールら28名を招集…負傷中のルカクもメンバー入り
●スペイン代表が発表! J・ナバスらが復帰、初選出は4名…イスコは落選
【コラム】“老練な修理工”が愛するローマに帰還…チーム再建を託されたラニエリ監督

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  3. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  4. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  5. 近鉄特急にはねられフィリピン女性死亡 東大阪・東花園駅

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです