メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災8年

津波耐え、心の支えに 日本一低い「日和山」 仙台・蒲生 /宮城

 東日本大震災で甚大な被害を受けた仙台市宮城野区蒲生地区の海岸に、地区の元住民たちが「日本一低い山」と称して保全活動に取り組む山がある。その名は「日和(ひより)山(やま)」。津波の影響で高さが半分になりながらも震災に耐えた地域のシンボルとして、故郷を離れた被災者の心のよりどころとなっている。【遠藤大志】

 せわしなく重機が行き交い、近くでは防潮堤の建設が進む。震災後、災害危険区域に指定された蒲生地区。現…

この記事は有料記事です。

残り933文字(全文1135文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会の『さ』の字もカジノ汚職の『か』の字もない」首相演説に沸き立つ疑問

  2. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  3. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  4. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  5. マレーシア、プラごみ日米仏など13カ国に送り返す 不法輸入の3737トン

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです