メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パートナーシップ制度

知事「信じた道走る」 自民「導入は時期尚早」 /茨城

 県が導入を目指す同性カップルらを公的に認める「パートナーシップ制度」に県議会最大会派のいばらき自民党などが反発していることを巡り、大井川和彦知事は16日、水戸市内での会合で、「(反発を)押し切って信じた道を走る」と導入の意向を強調した。大井川知事は2017年8月の知事選で自民の支援を受け初当選した経緯があるが、制度導入は譲らない姿勢だ。【加藤栄】

 国民民主党の議員や連合茨城役員らで作る政治団体「県民フォーラム」の総会であいさつし、言及した。同性…

この記事は有料記事です。

残り478文字(全文703文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 死因は脳挫滅 滋賀のトランク閉じ込め男性死亡 監禁容疑で少年ら7人逮捕

  4. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  5. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです