メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

埼玉コレがスゴい

日本の公園の父・本多静六(現久喜市出身) 神宮の杜、今も実験中 100年超え、「天然更新」 /埼玉

 北海道の大沼国定公園、水戸市の偕楽園、さいたま市の大宮公園--各地のランドマークともいえる大規模公園をはじめ全国200以上の公園造営や改良に携わり「日本の公園の父」と呼ばれる現久喜市出身の本多静六(1866~1952年)。東京の日比谷公園には自身の進退をかけた「首かけイチョウ」が今も荘厳に立ち、明治神宮の杜(もり)は自然の力で持続する「天然更新」を目指した。専門家は「木1本ずつの育ち方を分かった上で100年以上先を見据えていた」と、そのスゴさを指摘する。【松下英志】

 「(自分の)首にかけても移植させる」。日比谷公園の大イチョウには本多の発言を紹介した解説板がある。

この記事は有料記事です。

残り1274文字(全文1560文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  2. 2億円超記載漏れ「常軌を逸している」 維新との対決を評価する声も 堺市民の声
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
  5. 幼稚園バスなど5台絡む多重事故で2人死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです