メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

遊ナビ

音楽 /東京

[PR]

プレゼント

 ■華麗なるオーケストラサウンドで贈る 銀幕への勧誘 “名画座”コンサート

     29日14時、渋谷区総合文化センター大和田さくらホール(渋谷駅)。指揮=山本祐ノ介、管弦楽=東京ニューフィル・ポップスオーケストラ。往年の映画音楽をオーケストラが演奏する。1月に死去した映画音楽の巨匠、ミシェル・ルグランも特集。また、年末に公開予定の「男はつらいよ お帰り 寅さん」にちなんだ演奏もある。全席指定4000円▼公演に5組10人を招待。はがきに郵便番号、住所、氏名、年齢を明記し、〒105-0001東京都港区虎ノ門1の21の10グランスイート虎ノ門702、ミリオンコンサート協会「名画座コンサート」毎日係。22日必着。提供元が抽選、発送。個人情報は賞品発送のみに利用。発送をもって当選発表に代える。03・3501・5638

     ■住谷美帆 デビュー・アルバム「プロムナード」発売記念コンサート

     4月7日14時、東京文化会館小ホール(台東区・上野駅)。サクソフォン=住谷美帆、ピアノ=イリヤ・ラシュコフスキー。1995年生まれの住谷は昨年「第9回国際サクソフォンコンクール」で女性初の優勝をし、注目を集めている。昨年12月に発売したデビューアルバム「プロムナード」の記念公演。ピアニストのラシュコフスキーとの協演で、曲目はムソルグスキー作曲、長生淳編曲「展覧会の絵」より抜粋、シューベルト作曲、長生編曲「四つの即興曲第3番 変ト長調」ほか。全席指定・一般4500円、学生3000円(入場時要学生証)。未就学児入場不可。03・5774・3030

     ■第189回川響定期演奏会

     4月14日14時、エポックなかはら大ホール(川崎市中原区・JR武蔵中原駅)。指揮=小森康弘、管弦楽=川崎市民交響楽団。1952年から川崎市を拠点に活動する市民オーケストラの定演。曲目はチャイコフスキーの幻想序曲「ロメオとジュリエット」ほか。全席自由・大人1000円。小中学生、高校生500円。080・1275・1056(18~21時)

     ■浅原由香 オーボエ・リサイタル

     4月10日19時、上野学園石橋メモリアルホール(台東区・上野駅)。東京・春・音楽祭の一環。昨年の「第12回国際オーボエコンクール・東京」での最高位受賞を記念し、浅原由香が出演する。浅原は10歳からオーボエ演奏を始め、多くのコンクールで入賞。現在はフリーとしてオーケストラへの客演や演奏指導などで活躍している。曲目はミヨー「オーボエとピアノのためのソナチネ」、クララ・シューマン「三つのロマンス」ほか。S席3600円、A席2100円、U-25(25歳以下)1500円。03・6743・1398

     ■高樋(たかひ)純子 ピアノリサイタル~ファンタジー・クラシック~

     4月14日14時半、東京オペラシティリサイタルホール(新宿区・京王新線初台駅)。ピアニストの高樋純子のソロ公演。近年はソロでの演奏に加え、連弾ユニット「コンセール・ヴァリエ」でのコンサートも開いている。曲目はモーツァルト「幻想曲 ハ短調」ほか。全席自由・一般3500円、ペア券6000円。学生2000円。090・4747・2882

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

    2. ORICON NEWS ヒゲダン・藤原聡、一般女性との結婚報告「気持ちを新たに人生を歩む」

    3. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

    4. 夢は人工臓器開発 ベルギーの9歳、オランダ名門大卒業へ

    5. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです