メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

勧進イベント

井上靖の「星と祭」復刊へ 市民グループが開催 十一面観音の拝観場面を朗読 長浜 /滋賀

小説「星と祭」の復刊を目指して開かれた勧進イベント=滋賀県長浜市高月町渡岸寺で、若本和夫撮影

長浜が舞台/民衆に接近した小説

 長浜市が主な舞台になっている作家、井上靖(1907~91)の小説「星と祭」の復刊を目指す市民グループ「『星と祭』復刊プロジェクト実行委員会」は16日、同市内で資金集めのための「勧進イベント」を開いた。【若本和夫】

 「星と祭」は琵琶湖での水難事故で17歳の娘を失った会社経営者が長浜市内などに点在する十一面観音を訪ね歩くうち、心の平安を取り戻すという物語。現在は絶版状態で入手が難しくなっており、実行委が復刊に向けた準備を進めている。

 「勧進イベント」は、国宝・十一面観音立像がある渡岸寺観音堂(同市高月町渡岸寺)近くの「サン・レイバ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  2. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?
  3. 定食「やよい軒」、一部店舗でおかわり有料化 客から「不公平感」に意見
  4. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  5. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです