メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドキュメンタリー映画

「ほたるの川のまもりびと」 十三・七芸で先行上映会 美しい里山の営み追う /大阪

映画を語る山田英治監督(左)と平田オリザさん(中央)ら=大阪市淀川区の第七芸術劇場で、亀田早苗撮影

監督、平田オリザさんトーク

 長崎県川棚町でふるさとの自然豊かな里山を守るため、ダム建設に反対する水没予定地の川原(こうばる)地区の住民の暮らしを描くドキュメンタリー「ほたるの川のまもりびと」(2017年、86分)が大阪市淀川区十三本町1の第七芸術劇場で公開されている。29日まで。先行上映が10日にあり、山田英治監督と劇作家の平田オリザさんらがトークショーをした。【亀田早苗】

 田植え、稲刈りなど季節の農作業、群れになって川遊びする子どもたち。集落の13世帯が一丸となって準備…

この記事は有料記事です。

残り742文字(全文980文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  5. 宮迫さん契約解消 終息の「落としどころ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです