メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

戦いの構図

2019県議選/4止 /福岡

現新5人の激戦に 朝倉市・朝倉郡

 ■筑紫野市(定数2)

 自民現職の平井一三氏(64)と国民民主現職の原竹岩海氏(65)以外に立候補の動きはない。

 ■春日市(定数2)

 中牟田伸二(61)と松尾嘉三(50)の自民現職2氏と、いずれも新人で、国民の野尻尚義氏(39)と無所属の中村孝三氏(69)、無所属の室屋美香氏(46)の5人による争いとなりそう。

この記事は有料記事です。

残り972文字(全文1144文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  2. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  3. 心肺停止の女性死亡、死者2人に 逮捕の運転手「発車しようとしたら急発進」 神戸・バス事故
  4. 官邸・与党「ちぐはぐさ」露呈…補選2敗 安倍政権、影響抑えに躍起
  5. 防衛大いじめ訴訟5日判決 母親が再発防止を訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです