メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュージーランド

モスク乱射 単独か 銃5丁、合法的所有

 【クライストチャーチ(ニュージーランド南部)福岡静哉、ジャカルタ武内彩】ニュージーランド(NZ)南部クライストチャーチのモスク(イスラム教礼拝所)2カ所で計49人が死亡した15日の銃乱射テロ事件は、殺人容疑で逮捕されたオーストラリア出身のブレントン・タラント容疑者(28)が、単独で実行した可能性が高まった。アーダン首相は16日、殺傷能力の高い半自動式銃2丁と散弾銃2丁など計5丁が使われたと明らかにした。タラント容疑者は合法的に銃を所有していた。

 警察当局は、最初のテロ現場となったヌール・モスクの襲撃から36分後にタラント容疑者を取り押さえた。…

この記事は有料記事です。

残り512文字(全文787文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「私がやったことではない」容疑者は否認 拳銃強奪
  2. 容疑者、都内のゴルフ場でアルバイト 幼少期から高校生まで吹田で暮らす 拳銃強奪
  3. 関西大も「まずは一安心」 容疑者逮捕でほとんどの学校は通常通り朝から授業 拳銃強奪
  4. 「奪われにくい新型ホルスター」行き渡らず…旧式を着用 交番襲撃
  5. 食戟のソーマ 「ジャンプ」のグルメマンガが7年の連載に幕 その後描く特別編も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです