トランプ米大統領

「国境は真の危機」 非常事態無効に拒否権

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ワシントン高本耕太】トランプ米大統領は15日、メキシコとの「国境の壁」を建設するための国家非常事態宣言を「無効」とした上下両院の決議に対し、拒否権を発動した。トランプ政権で拒否権行使は初。トランプ氏はホワイトハウスでの演説で「いま国境で起きていることに勝る非常事態はない」と述べ、壁建設への意欲を強調した。

 トランプ氏は不法移民に子供を殺害された親たちや、国境警備当局者らを集めた会合で「国境で起きていることは真の危機だ」と主張。非常事態宣言の無効化決議を「危険で無謀」と批判して、議会への拒否権通知書に署名した。

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文594文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集