メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界経済・見て歩き

米国ペンシルベニア州 フェアビュー発電所 日米協業に地元期待 大ガス、海外戦略の柱に

フェアビュー発電所プロジェクトマネジャーのジェフ・アーレンス氏(中央)らCPV社スタッフと大阪ガスのエンジニア・小山大樹さん(左端)=米東部ペンシルベニア州の建設事務所で

 独立宣言や合衆国憲法が起草された歴史を持ち、かつては「製鉄の町」として栄えた米東部ペンシルベニア州。同州のアパラチア山脈に沿った丘陵地帯に、大阪ガスなどが出資したフェアビュー・ガス火力発電所がある。2017年4月に着工し、20年初めの営業運転開始に向けて建設作業が急ピッチで進む。

 敷地面積35ヘクタール。雪をかぶった小高い丘の上にある建設現場では、約700人の作業員やエンジニアがタービンの据え付けや排気筒の組み立て作業に汗を流す。現場ではドリルの回転音が響き、溶接のにおいが立ちこめていた。

 同発電所は、天然ガスでガスタービンを、廃熱で蒸気タービンをそれぞれ回して発電する高効率システム「コ…

この記事は有料記事です。

残り1552文字(全文1850文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  3. 「自分の息子信じたい」被告の両親通報せず 妹は通報提案 野田・女児虐待死
  4. いだてん 孝蔵役の森山未來が金原亭馬生と古今亭志ん朝も演じ分け 語り含め1人4役に視聴者衝撃
  5. 屋久島孤立 下山232人のうち25人到着 残留34人の救助始まらず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです