メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

LGBT支援、弁護士ら奔走(その2止) 性的指向差別なくす

LGBTを支援する弁護士グループ「LLAN」の会合を終え、参加者と談笑するアレキサンダー・ドミトレンコさん(中央右)=東京都千代田区で2019年1月17日、小川昌宏撮影

 

 ◆平等な社会へ法律家ら集結

日本の変化、後押し

 米、英、ロシアで弁護士資格を持つアレクサンダー・ドミトレンコさん(41)ら有志が「LGBTとアライ(支援者)のための法律家ネットワーク」(LLAN、ラン)を結成したのは2016年春。ドミトレンコさんと米金融大手ゴールドマン・サックス証券法務部長の藤田直介さん(56)が共同代表・共同創設者だ。LGBTは「Lesbian(レズビアン、女性の同性愛者)、Gay(ゲイ、男性の同性愛者)、Bisexual(バイセクシュアル、両性愛者)、Transgender(トランスジェンダー、心と体の性別が異なる人)」の頭文字で、性的少数者を示す。

 理事には、外資系や日本の主要法律事務所などの弁護士らが名を連ねる。目標は、すべての人々が安心して能…

この記事は有料記事です。

残り4927文字(全文5268文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  2. 金融庁、わずか10日で削除「年金の水準が当面低下」などの表現
  3. 「香港人はあきらめない」 デモ参加の「民主の女神」周庭さん、東京で逃亡犯条例改正の撤回訴え
  4. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  5. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです