メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

加古里子さん

孫への優しいまなざし 初の詩集

加古里子さん初の詩集と、その基になった冊子を手にする孫の亀津鴻さん(左)と長女の鈴木万里さん

 昨年5月に亡くなった絵本作家の加古里子(かこさとし)さん(享年92)が孫と過ごした日々をつづった詩集「ありちゃんあいうえお かこさとしの71音」(講談社)が5日、出版された。「だるまちゃん」シリーズや「からすのパンやさん」で知られる加古さんによる初の詩集で、2人の孫の成長を温かいまなざしで見つめた作品が収められている。

 基になったのは書斎の本棚に残されていた2冊の冊子。加古さんは昔から詩を書いていたといい、長女の鈴木万里さん(61)によると、亡くなる10日前に編集者から詩集の出版を打診され、「書棚にあるものをお使いください」と言って喜んでいたという。

この記事は有料記事です。

残り379文字(全文658文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  2. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  5. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです