メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

養老孟司・評 『悪意』=ホーカン・ネッセル著、久山葉子・訳

 (東京創元社・2808円)

ベルイマンの映画に通じる構築性

 久しぶりに魅力的な本を読んだ。五編からなる短編集だが、最後の掌編を除き、いずれも殺人がらみの話だから、推理小説と言ってもいい。でもそれだけでは収まらないという思いが生じる。同時に良質の文学になっているからである。

 各話がよく構成されていて、思わず次へと読んでいってしまう。歳(とし)をとったせいか、長い話を続けて読む体力がない。そういう老人にはちょうどいい長さである。一編ずつ読んで、一休みして、次の話を読む。全編を読んでしまったのが、残念である。

 私は第四話の「サマリアのタンポポ」が気に入っている。「これを始めたのは、わたしではない。つまり、タ…

この記事は有料記事です。

残り1124文字(全文1428文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 青酸ソーダ流出の汚染、確認されず 台風浸水で長野市調査

  2. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  3. 熊谷6人殺害 「残虐な犯行」ペルー人被告に求刑通り死刑

  4. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

  5. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです