スケートボード

日本OP・パーク大会 平野、初戦3位 平昌から東京へ、不可能に挑戦

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
スケートボードの日本オープン・パーク大会に出場し、3位になった平野=2019年3月16日、佐々木順一撮影
スケートボードの日本オープン・パーク大会に出場し、3位になった平野=2019年3月16日、佐々木順一撮影

 2020年東京五輪で初採用されるスケートボードの日本オープン・パーク大会は16日、神奈川県藤沢市の鵠沼海浜公園スケートパークで行われ、男子は昨年のジャカルタ・アジア大会覇者の笹岡建介(PROSHOP BELLS)が優勝した。昨年の平昌冬季五輪のスノーボードで2大会連続銀メダルの平野歩夢(木下グループ)は3位だった。

 女子は12歳の岡本碧優(みすぐ)が制した。昨年の世界選手権女王の四十住(よそずみ)さくら(和歌山・伊都中央高)らは出場していない。

この記事は有料記事です。

残り615文字(全文840文字)

あわせて読みたい

ニュース特集