メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビー

スーパーラグビー サンウルブズ惜敗

【サンウルブズ-レッズ】前半、トライを決めるサンウルブズのプライアー(中央)=東京・秩父宮ラグビー場で2019年3月16日、竹内紀臣撮影

 スーパーラグビー(SR)の日本チーム、サンウルブズは16日、レッズ(オーストラリア)と東京・秩父宮ラグビー場で対戦し、31-34で逆転負けした。サンウルブズは1勝4敗となった。

 サンウルブズは前半、密集戦で優位に立ち3トライを挙げ、21-5で折り返した。後半は前に出る防御が機能せずミスも目立ち、レッズに4トライを奪われ逆転を許した。次戦は23日、ライオンズ(南アフリカ)とシンガポールで対戦する。

 5点リードの後半35分。自陣深くに攻め込まれたサンウルブズのSH内田はボールを大きく蹴り上げた。その瞬間、相手にチャージされ「気付いたらボールが後ろにある感じ。焦りもあった」。同点トライを許すと、直後にPGも決められ、つかみかけた今季の本拠地初勝利を逃した。

 前半は大きくボールを動かす理想の展開で3トライを重ねて、16点のリードを奪った。しかし後半は攻撃のスピードが増したレッズに防戦一方。「タックルのミスが増えて、誤った判断から反則も取られた」とはFBエメリー。後半19分から26分までのわずかな時間で3トライを奪われ、瞬く間に逆転された。

この記事は有料記事です。

残り639文字(全文1112文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 優香、志村けんさん追悼 コント番組で長年共演「とてもとても悲しいです」[コメント全文]

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 国内感染、新たに71人 新型コロナ、富山で初確認 志村けんさんら4人死亡

  4. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  5. ORICON NEWS 加藤茶、仲本工事、高木ブー、志村けんさん追悼「非常に悔しいです」「早すぎるよ」[コメント全文]

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです