メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

結核

劣悪な寮、感染広がる 実習生孤立「帰りたい」

 毎日新聞が情報公開請求した結核の集団感染に関する自治体の記録には、表に出ることの少なかった発症の背景や治療の経過まで詳細に記されている。浮かんでくるのは、慣れない日本社会で病気と孤独感に加え、周囲の偏見に苦しむ若者たちの姿だ。【熊谷豪】

 2016年5月、島根県江津(ごうつ)市の縫製工場で集団感染が発生した。同県の浜田保健所の記録によると、最初に発病したのは30代の技能実習生の女性だった。

 「人にうつすので入院を」。通訳を介して医師から結核発病を告げられると、女性は目に涙をためながらうな…

この記事は有料記事です。

残り1576文字(全文1822文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  2. 常勝ホークス作った王さん 「俺は本当に悔しい」深夜の激白から19年目の雪辱

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです