メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

透析治療 学会ガイドラインの手続き軽視浮き彫りに 公立福生病院

公立福生病院の腎臓病総合医療センター=2019年2月14日、斎藤義彦撮影

 公立福生病院(東京都福生市)の人工透析治療を巡る問題で、病院の一連の行為は都の立ち入り検査の結果、日本透析医学会のガイドラインに照らした手続きを軽視していたことが浮き彫りになってきた。透析治療の継続か中止かを患者に選ばせる手法にも問題があったという指摘が出ている。

 病院の外科医(50)と腎臓内科医(55)は毎日新聞の取材に、昨年8月に亡くなった女性(当時44歳)に対する治療中止という選択肢の提示を「適正な医療」と断言。中止の選択肢を示さずに導入・継続している透析医療界を批判した。

 学会のガイドライン(2014年)は治療中止の条件を(1)治療自体がかえって危険な場合(2)がんなど…

この記事は有料記事です。

残り1936文字(全文2229文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 嵐・櫻井翔、4・30『news zero』拡大版で有働由美子と改元の瞬間を生中継
  2. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
  3. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  4. 年金運用 損失14兆円 世界株安、過去最大に 昨年10~12月
  5. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです