メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

にほんでいきる

16の春、夢へ一歩 1年遅れの中3、高校へ

学齢超過で公立中への入学を認められたミグリンニョ・マリオンさん(左)。日本語が話せず、読み書きできない生徒が集まる初期支援校でひらがなの書き順から学び、定時制高校に合格した=愛知県豊橋市で2018年5月15日午前11時21分、奥山はるな撮影

 文部科学省が学齢超過の生徒を含む外国籍児の就学促進を求める通知を出すことを受け、当事者からは喜びの声が上がる。昨春、愛知県豊橋市の中学校に学齢超過で入学したフィリピン国籍のミグリンニョ・マリオンさん(16)は「友達ができたのも、日本での夢ができたのも学校のおかげ。僕みたいな子が勉強できる機会が増えるのはうれしい」と話す。

 マリオンさんは2017年6月に日本人男性と再婚した母親(33)に呼び寄せられて名古屋市に来た。当時…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  2. 2億円超記載漏れ「常軌を逸している」 維新との対決を評価する声も 堺市民の声
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
  5. 幼稚園バスなど5台絡む多重事故で2人死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです