メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京五輪 前橋市が南スーダン選手団を受け入れ 資金は「ふるさと納税」で

南スーダンで開催されたスポーツ大会。裸足の選手もいた=Shinichi Kuno / JICA提供

 アフリカ東部に位置する南スーダンの選手団が、2020年東京五輪・パラリンピック出場へ向け、今年9月から前橋市で約1年間にわたり事前キャンプをすることになった。60年以上前から断続的に続いた紛争の影響で練習施設すらなく、困り果てていたところ、国際協力機構(JICA)が日本国内で受け入れ先を探し、前橋市が手を挙げた。市は資金2000万円について、来月1日から募る「ふるさと納税」でまかなう考えだ。

 南スーダンの選手団は、五輪選手3人とパラリンピック選手1人、コーチ1人の計5人。陸上競技に出場する…

この記事は有料記事です。

残り732文字(全文980文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  4. 全契約調査開始 日本郵便 かんぽ生命不正で 「丸投げ姿勢」現場不満
  5. 青春がしたかった いじめ対策の課題/上 「大丈夫」と去った息子 母「誰も自殺見抜けぬ」 /青森

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです