特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

Passion

馬術で東京パラリンピックを目指す元JRA騎手・高嶋活士

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
美しい演技を披露する高嶋活士と愛馬ケネディ=静岡県御殿場市の御殿場市馬術・スポーツセンターで2019年3月15日午後0時50分、高橋秀明撮影
美しい演技を披露する高嶋活士と愛馬ケネディ=静岡県御殿場市の御殿場市馬術・スポーツセンターで2019年3月15日午後0時50分、高橋秀明撮影

 人馬が一体となって演技を披露する馬術で、2020年東京パラリンピック出場を目指す日本中央競馬会(JRA)の元騎手がいる。落馬事故で引退を余儀なくされた26歳の高嶋活士(かつじ)。「世界に通用するレベルまで技術を上げていきたい。いい成績を残したい」。愛馬のケネディとともに、新たな舞台で世界の強豪に挑もうとしている。

 千葉県出身。11年3月にJRAデビューを果たしたが、13年2月に障害レースで落馬して右半身にまひが残った。リハビリを重ねて復帰を目指したが、15年9月に引退。通算244戦で、未勝利だった。

この記事は有料記事です。

残り409文字(全文662文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集