メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

巨人・亀井、満塁弾 36歳勝負強さ健在「一振りで良い結果が出せるように」(スポニチ)

オープン戦 巨人8-7ヤクルト(2019年3月16日 神宮)

 まだまだ若々しい36歳が一振りで仕留めた。初回無死満塁。亀井はヤクルト・原の真ん中に入ってきたシュートを逃さない。カウント3-1からこの日のファーストスイングが捉えた打球は右中間席に吸い込まれた。

     「1打席目の得点圏に走者がいる場面での一振り目で、良い結果につながったのはうれしい」。オープン戦1号は過去14年のシーズンで経験のない満塁弾。クールにダイヤモンドを一周したベテランは、坂本勇や岡本らに笑顔で迎えられた。

     17年・382、昨季・333の得点圏打率を残した勝負強さは健在。今季もキャンプから好調を維持し、実戦16試合で打率・300。原監督も「春からずっとコンディションがいい」と信頼を置く。

     7月で37歳になる。プロの体を維持するため、キャンプでは球場入りするとすぐ、ランニングやダッシュを繰り返した。加えて「自分で動けていると思っていても、人から見たら違うかもしれない。だから“動きが遅くないですか”と聞くようにしている」と、第三者の目で体の切れをチェックした。若手主体で臨んだ9日のオリックス戦には、30代で唯一先発出場。先制につながる右翼線二塁打を放ち、「僕もヤングジャイアンツだから」と負けじとハッスルした。

     正外野手争いは中堅の丸が確定的で、右翼は陽岱鋼(ヨウダイカン)、左翼はゲレーロが有力。亀井は状況に応じた起用が期待される。どんな形にも応えられるように「一振りで良い結果が出せるように心掛けている」。17日からはマリナーズ戦で、09年WBCを一緒に戦ったイチローとの対戦へ「楽しみです」と腕をぶした。 (青森 正宣)

    (スポニチ)

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
    2. 運転の60代女「意識なくなった」 東京・町田で児童ら5人はねられけが
    3. 「年金を受け取っているか」の質問に麻生氏「正確な記憶がない」 衆院財務金融委
    4. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず
    5. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです