メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

意外にもクルマの速さは日本と同じ!? アメリカの制限速度が低いワケ

情報提供:カートップ

意外にもクルマの速さは日本と同じ!? アメリカの制限速度が低いワケ

広大な地であるにも関わらず制限速度は日本と変わらない

 どこまでも長ぁ~~く、まっすぐに続くアメリカのフリーウェイ。テキサス州、ニューメキシコ州、そしてネバダ州あたりでは、よく見かける光景だ。こうしたところでの制限速度は、時速65マイル(104km)が基本。ところによっては、70マイル(112km)、または75マイル(120km)という場合もあるが、最高でも75マイルどまりだ。

制限速度

「なんだ、日本の高速道路とほとんど同じじゃないか」「最近じゃ、日本でも時速120kmの試行実験をしているし、アメリカもたいしたことないじゃん」。そんな声が聞こえてきそうだ。

 確かに、アメリカは数年前に中国に抜かれる前まで、生産台数でも販売台数でも世界第一位の自動車大国だった。フォードT型の量産によって、近年の自動車産業の基盤を作ったのもアメリカだ。フリーウェイの整備も第二次世界大戦直後から全米規模で広がった。

制限速度

 同じく、世界の自動車産業をリードしてきたドイツに、一部区間で速度無制限のアウトバーンがあるのだから、アメリカでもアウトバーン構想っぽいのがあっても不思議ではないように思う。しかし、そうはなっていない。

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. はやぶさ2衝突実験解説(下)「軽業」カメラが世紀の瞬間を捉える
  4. はやぶさ2衝突実験解説(上)アクロバティックな運用 カギを握る二つの新機器
  5. はやぶさ2 リュウグウ表面にクレーター確認 はやぶさ2、衝突実験に成功

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです