メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

コンビニ 24時間営業に未来は 人手不足、人口減、ネット通販 “成長神話”崩れた?

深夜の営業を取りやめたセブン-イレブン東大阪南上小阪店=大阪府東大阪市で2019年2月21日、釣田祐喜撮影

 開いててよかったと何度、思ったことだろう。深夜の空腹も、ギリギリに迫った電気料金の支払いも、コンビニエンスストアで助けられた。だが各地の店主が人手不足に苦しみ、営業時間を短縮してほしいと訴える中、改めて考えた。24時間営業にこだわる先に、コンビニの未来は開けているのだろうか。【宇田川恵】

 「24時間、戦えますか?!」--。このコピーが耳に残っている人も多いはず。ドリンク剤「リゲイン」(第一三共ヘルスケア)がメジャーブランドに躍り出るきっかけになったテレビCMだ。

 放映されたのは、ちょうど平成が始まった1989年。バブル絶頂の頃で、よく働き、よく遊ぶビジネスマン…

この記事は有料記事です。

残り2504文字(全文2788文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 国民民主党、自由党と合併で正式合意 自由は解散

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです