メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今どきの歴史

岡谷公二氏著『沖縄の聖地 御嶽』 「古神道の面影」説、否定

原生樹の印象が強烈な御嶽。社殿やほこらはない=沖縄県宮古島市で、伊藤和史撮影

 御嶽(うたき)とは、本土の神社に当たる沖縄の聖地である。どちらも原生の森やご神木のような樹木を大切にする。ただ、両者には決定的な違いがある。御嶽には本来、社殿がなく、祭りも女性の手で行われることだ。この特色は琉球王国最高の聖地、世界遺産の斎場(せーふぁー)御嶽(南城市)であっても変わらない。奇岩がつくる神秘の光景に圧倒されるような聖地なのだが、建物は存在しないのである。

この記事は有料記事です。

残り1478文字(全文1665文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

  5. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです