メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ルポ

芸術先進国シンガポール/下 東西文明、結節点の華 高層ビル背にインドの野外劇

リトル・インディアの一角では、巨大な象のオブジェを前に野外寸劇が行われた=シンガポールで広瀬登撮影

 シンガポールの観光名所「マーライオン」から徒歩5分、川沿いの緑豊かな公園の一角にアジア文明博物館がある。19世紀中ごろのラッフルズ博物館にそのルーツを持ち、1997年に開館。2003年に現在地に移転した。博物館が入るのは約150年前に建てられた新古典主義様式の「エンプレス・プレイス・ビルディング」。英国植民地時代から長い間、政府機関が使っていた歴史的建造物だ。

 建物の中に一歩足を踏み入れれば、赤道直下の暑さの外気がうそのよう。涼しくて心地よい。展示は「貿易」…

この記事は有料記事です。

残り1126文字(全文1358文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 運転の60代女「意識なくなった」 東京・町田で児童ら5人はねられけが
  2. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  3. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  4. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず
  5. 「年金を受け取っているか」の質問に麻生氏「正確な記憶がない」 衆院財務金融委

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです