メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クリップ

展覧会 生誕130年記念 奥村土牛ほか

奥村土牛「鳴門」1959年、紙本・彩色、山種美術館蔵

 ■生誕130年記念 奥村土牛

 31日まで、東京都渋谷区広尾3の山種美術館(ハローダイヤル03・5777・8600)。同美術館の広尾移転10周年の記念特別展。日本画家の奥村土牛(1889~1990年)は創立者の山崎種二と親交が深く、同館は135点に及ぶ土牛コレクションを誇る。本展はその中から、代表作の「醍醐」や瀬戸内海のうずしおを描いた「鳴門」、…

この記事は有料記事です。

残り262文字(全文436文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「注文から提供まで30秒以内」達成困難な目標で不当解雇 元社員がマクドナルド提訴

  2. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

  3. 桜を見る会 福岡市長、5年連続出席 招待理由は「把握せず」

  4. 梅宮辰夫さん死去 やくざ映画に欠かせない存在 6回のがん手術

  5. 訃報 時代劇「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹さん74歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです