メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

代替わりへ

システム改修に自治体大わらわ 税や健保、多岐に

 5月1日の改元を控え全国の自治体は、新元号に対応するため各種業務のコンピューターシステムの改修を急いでいる。住民登録や固定資産税、国民健康保険など分野ごとにシステムが異なり改修は多岐にわたる。改元前後に発送される納税通知や、条例の条文に記載された「平成」の扱いも課題だ。「住民サービスに影響が出ないようにしたい」と担当者は口をそろえる。

この記事は有料記事です。

残り991文字(全文1160文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  3. 梅原猛さん死去 京都「お別れの会」 ユーモラスに厳かに 豪快逸話続々、惜別の歌も /京都
  4. イヌサフラン誤って食べた男性が死亡 群馬・渋川
  5. 工藤会トップに6448万円賠償命令 一般人襲撃で福岡地裁判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです