メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

代替わりへ

システム改修に自治体大わらわ 税や健保、多岐に

 5月1日の改元を控え全国の自治体は、新元号に対応するため各種業務のコンピューターシステムの改修を急いでいる。住民登録や固定資産税、国民健康保険など分野ごとにシステムが異なり改修は多岐にわたる。改元前後に発送される納税通知や、条例の条文に記載された「平成」の扱いも課題だ。「住民サービスに影響が出ないようにしたい」と担当者は口をそろえる。

この記事は有料記事です。

残り991文字(全文1160文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 偶然に導かれ「再会」切手から身元判明の平塚真澄さんの遺骨、遺族へ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 新たに30代母と2歳女児の軽傷が判明 死傷者は計12人に 池袋暴走事故
  4. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  5. 飯豊まりえ ホラー映画「シライサン」で初単独主演 乙一が長編監督デビュー

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです