メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

代替わりへ

10連休、大学あります 立命大、関大… 授業過密化のあおり

 皇位継承に伴う4月から5月にかけての10連休は、一部の学生や大学教員には無縁のものになるかもしれない。授業日を設ける大学が少なくないからだ。法令に基づく授業時間の厳格な運用を求める動きが強まり、大学のスケジュールに余裕がなくなっていることが背景にある。【大久保昂、阿部周一】

 関西の主な私立大は、10連休のうち1~3日間を授業日とする。立命館大が4月29、30日、5月2日の3日間、関西大と同志社大は連休初日の4月27日と最終日の5月6日の2日間に授業をする予定だ。近畿大は4月27日のみだが、8月の夏季休暇入りを例年より3日遅らせ、授業時間を確保するという。

 首都圏では、立教大が10連休の半分に当たる5日間を授業に充てる。履修の仕方によっては3連休にしかな…

この記事は有料記事です。

残り735文字(全文1066文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS RAG FAIR 奥村政佳が脱退「政治の道へと進む決心をしました」
  2. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  3. 「誠に申し訳ございません」辞職の堺市長 “維新の刺客”はね返した力強さ消え
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです