メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

吃音

一人じゃない 「いじめ」乗り越え中学卒業 記事きっかけ、支援や励まし

いじめに遭ったという生徒は卒業証書を手に新たな一歩を踏み出そうとしている=福井県敦賀市で、高橋一隆撮影

 言葉が思うように出ない吃音(きつおん)を理由にいじめを受けたとされる福井県敦賀市立中学校3年の男子生徒について、毎日新聞が福井面で記事化したところ、ウェブサイトを読んだ吃音の当事者らから励ましの声が寄せられ、支援の手も差し伸べられた。学校や市教委の対策が後手に回る中、中学を卒業する生徒は新たな一歩を踏み出そうとしている。

 吃音に悩む人は同じ一音を繰り返したり、会話に詰まったりする傾向があり、「うまく話せないかもしれない…

この記事は有料記事です。

残り884文字(全文1096文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クマの出没、山口県内で相次ぐ 過疎化で生息域管理難航、進出域拡大
  2. JR北海道 猛暑で運休 レール変形の恐れ
  3. 尾を引く丸山穂高議員の「戦争」発言 問題行動も次々 北海道内外で波紋
  4. ORICON NEWS 岡田准一『白い巨塔』最終話15.2%の高視聴率で幕 5話平均は13.3%
  5. わこ盲導犬贈呈プロジェクト 30頭で活動に終止符 視覚障害者支援は継続 /広島

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです