メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

’19統一地方選

議員の条例提案、11議会1本以下 4年間で平均3.7本、最多は逗子市12本 /神奈川

 統一地方選を前に、毎日新聞は県内の市町村議会を対象に、議員が提出した条例案の提出状況などについてアンケートを実施した。前回の統一選(2015年)以降、昨年末までに議員から提出された条例案の提案数を各市町村議会に尋ねたところ、平均は約3・7本で、提案内容の多くは議員報酬や議員定数に関するものだった。提案数の最多は逗子市議会の12本で、11議会は提案数が1本以下にとどまった。【堀和彦】

 議員による条例案の提出は、多岐にわたる議員の役割の一部分だが、その取り組みには濃淡が出た。

この記事は有料記事です。

残り1429文字(全文1668文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  4. AAAリーダーを暴行容疑で逮捕 「飲みに行こう」と誘うも断られ平手打ち
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです