金沢駅地下道庭園

自然豊かにリニューアル 九谷焼、造園…地元の技生かす 草木で医王山表現 /石川

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
リニューアルオープンした庭園を眺める金沢美術工芸大の高橋治希准教授(右端)ら=金沢市広岡1で、久木田照子撮影
リニューアルオープンした庭園を眺める金沢美術工芸大の高橋治希准教授(右端)ら=金沢市広岡1で、久木田照子撮影

 金沢駅西広場地下道の庭園(金沢市広岡1)が17日、リニューアルオープンした。九谷焼や造園など地元の技を生かして自然豊かな医王山を表現。ヤマモミジなどの本物の草木が植えられ、柱には九谷焼で18種類の花をデザインした。

 庭園(78平方メートル)は当初、2012年に整備された。竹などが植えられ、誰もが自由に弾けるグランドピアノも置かれてい…

この記事は有料記事です。

残り253文字(全文421文字)

あわせて読みたい

注目の特集