メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
北朝鮮・拉致問題

被害者、無事帰国を 還来神社で祈願の神事 大津 /滋賀

拉致被害者の全員帰国を求めてあいさつする「救う会」の平田隆太郎事務局長=大津市伊香立途中町の還来神社で、小西雄介撮影

 北朝鮮による拉致被害者の早期帰国を願う神事が17日、大津市伊香立途中町の還来(もどろき)神社で開催された。被害者の帰国が見通せず、家族の高齢化が進む中、氏子ら約100人が思いをはせた。

 同神社は「故郷に無事に還れる」ことに御利益がある神社として知られる。2012年には東日本大震災で県内に避難した人…

この記事は有料記事です。

残り181文字(全文331文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  5. クローズアップ 日韓軍事情報協定破棄 対話不発 韓国見切り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです